株式会社クロコ | QUROCO, Inc.

Staff Blog

theoryandpath
2022.05.25

【インタビュー】バウンダリ行政書士法人代表・佐々木慎太郎さま「チャレンジを通して成長できる働き方」

こんにちは。
いつもクロコWEBサイトをご訪問いただきありがとうございます。

今回、弊社のコーポレートデザイン事業のサービスである「採用支援サービス」にて採用のお手伝いをさせていただきましたバウンダリ行政書士法人の代表・佐々木慎太郎さまにインタビューを行いました!

クロコの採用支援サービスを導入しようと思ったきっかけや背景、実際にサービスを導入してからの採用業務に関する変化についてお伺いしました。

バウンダリ行政書士法人代表の佐々木慎太郎さま

https://boundary.or.jp/

バウンダリ行政書士法人さまのWEBサイトはこちら!

「採用支援サービス」を取り入れた背景

ーこの度、クロコの「採用支援サービス」を導入するに至ったキッカケなどはありましたでしょうか?

シンプルですが、いま自分たちが必要としている「採用したい」と思える人を採用したい!という気持ちでご依頼しました。以前、クロコさんが作成した他社さまのハローワークで公表されている求人票を見て、率直な感想として「いい文章だな」と感じたのが大きいです。自分が求職者側の気持ちでこの文章を読んだらきっと問い合わせするだろうな、と想像ができたっていうのもキッカケのひとつです。

ー導入の背景として採用にどのような課題感をもっていましたか?

そもそも、クロコさんの採用支援サービスを導入する前から自分たちでハローワークでの求人募集も行っていまして、応募自体はけっこういただいていました。ですが応募の母数が多い分、応募いただいた方との認識の差異なども多く、選考にかなり時間が割かれてしまい採用担当の負担になってしまっていました。応募者との間で発生しているミスマッチをどうにか解消できないかと日々課題に感じていました。

「採用支援サービス」導入後の変化とは

ー今回クロコが作成した「パートタイマーの事務スタッフ」求人を見たときの率直な感想はいかがでしたか?

情報がしっかり書き込まれていて文章量も多いはずなのにとても見やすかったです。あと、ペルソナ像が細かく書かれていてミスマッチが起こる要素が無いな、というのが率直な感想です。

クロコで作成した「行政書士法人の事務職」の求人票です。
「求人に関する特記事項」に注目!チェックリストがポイントです。

ー佐々木さまの「採用したい!」人物像がはっきりしていたので完全に狙いを定めたピンポイントに刺さる内容にしました。
ー以前に比べて応募状況に変化はありましたか?

明らかに変化がありましたね。
弊社のサービスはとてもニッチな分野で「ドローンの許可申請」などをメインとしているので普通の事務職とは少し違った業務になります。そういった点もしっかり求人票を通して理解いただけたようで、役所の手続き・申請作業の経験者の方やキャリアが長い方からの応募がありました。

応募数自体は減りましたが、ここ2、3年事務職の募集をしていて今回はじめて「ドローン申請経験者」からの応募があったので素直にすごいと思いました。

ー良かったです!サービス導入後、社内での採用業務に変化はありましたでしょうか?

課題としてあげていた点になりますが、採用担当者の負担が減りましたね。ミスマッチが少なくなったおかげで問合せ対応や選考がスムーズになったので、その分の時間を他の業務に割くことができ会社としては大変助かっています。

バウンダリ行政書士法人さまはドローンの飛行許可申請などニッチな分野でご活躍されています。

チャレンジを通して成長できる環境

ー募集要項の内容についての質問に移ります。
ー「自分なりのシフト調整可能」「昼休憩で一時帰宅OK」など”個人の都合に合わせた働き方”を設定した背景はありますか?

正直のところ、やるべきことをしっかりやっていただけるのであれば、きちんと成果に責任を持って働けるのであれば「働き方」について特にこだわりはありません。出社時間が11時からでもいいし、在宅でもいいし、寝そべりながらでもいいしって個人的には思っています(笑)そもそもそういった社風なので、個人に寄り添った条件を設けました。

ーそんな魅力的な「働き方」について、応募者の方から言及はありましたか?

実はあまり言及がなかったですね。予め、求人票で詳細に掲載していたからか「掲載の範囲内で」というところで認識の合意が取れていたのでその点は本当にスムーズでした。どちらかといえば、そういった条件面は応募者も把握のうえで「チャレンジができる」「ドローンに関われる」といった点を志望動機とされている方が多かったです。

ー業務に対して志しの高い方からの応募が多かったのですね…!

そうですね!「バウンダリ」って単語には【臨界点、限界、境界】などの意味があるんですけど、わたし自身は「限界」という意味合いで社名に使いました。

税理士とか社労士とか弁護士とか全部そうなんですけど「士業」って言われる業種はバックオフィスからサポートする役割を担っています。その中でも弊社はニッチな分野に特化し行政書士としてお客様の前向きな事業に対して許認可申請を行うことが多いです。

お客さまの前向きな「限界突破=チャレンジ」を応援するとともに、常に自分たちも限界を突破していきましょうといった気持ちでいるので、そういった点に共感してくれた成長意欲の高い方からの応募があり嬉しかったです。

インタビューを通して佐々木さまの常に「チャレンジを楽しむ」という姿勢が印象的でした。

さいごに

今回は、バウンダリ行政書士法人の代表・佐々木慎太郎さまにお話しを伺いました。今回クロコの「採用支援サービス」を導入いただき、採用ターゲットを絞りに絞った施策でその成果を実感いただけたという嬉しいお言葉をいただきました。

今回の求人に関して、佐々木さまの中にある”一緒に働きたい人物像”をひとつひとつ言語化して作成しております。そのたったひとりに向けた求人票をみたドンピシャの方が会社の理念に共感し「この会社でチャレンジしたい」という想いが生まれた結果、応募につながったと感じます。

クロコの採用支援サービスは、企業の求める人物像たったひとりに向けて「射貫く」求人票を作成いたします。サービスの詳細や資料送付のご依頼はサイト内チャットボットよりお気軽にご連絡ください!

最後までご拝読いただきありがとうございます。

Author
森 啓太 モリ ケイタ
当たると噂のビジネス占い!細かいことを気にしてしまうあなたは絶望が少し足りていないかも。一度とことん悩んでみるのが◎ そんなあなたのツキを回復させるラッキーアクションは「焦らず2日くらい寝込む」コト!